キャッシングできないのは債務整理が原因かも?!借入できない理由を解説!

キャッシングできないのは債務整理が原因かも?!借入できない理由を解説!

生活費が足りないときに簡単にお金が借りられるのが、
金融機関のキャッシングのよい点です。

 

ただ、こういったキャッシングにも、審査があります。
「キャッシングを申し込んだのに、なぜか断られた」というときは、
何らかの理由で審査に落ちたことが考えられます。

 

キャッシングの審査は、
一般の事業融資や住宅ローンの審査に比べると
比較的通りやすいと言われていますよね。

 

しかしながら、審査の基準は金融機関によって変わるため、
申込者の状況によっては審査に落ちることもあり得ます。

 

 

キャッシングの審査に落ちる理由として考えられるのが、信用情報の問題です。
キャッシングサービスを提供している金融機関では、
信用情報機関に問い合わせて申込者の信用情報をチェックしていることが多いです。

 

登録されている信用情報に問題があると、
年収や職業などが条件に適っていても審査に落ちる場合があります。

 

クレジットカードの支払いが遅延していたり、
ほかのローンの滞納歴があったりする人は、
気づかないうちに信用情報に記録が残っているかもしれません。

 

キャッシングに申し込みをするときは、
支払いの遅延や滞納がないようにしっかりと準備をしておきましょう。

 

 

支払いの遅延や滞納がないにもかかわらずキャッシングの審査に落ちたときは、
過去に債務整理をした経験がないかどうかを考えてみましょう。

 

任意整理や個人再生、自己破産といった債務整理をしたことがある人は、
約5年間は信用情報機関に記録が残ってしまいます。

 

このような記録は、債務整理の後に滞りなく
借入金を返済している場合でも一定期間は消えません。

 

申し込みをした時点で借金がなく、
安定した収入を得ている場合も同様です。

 

債務整理をしたことがある人は、
信用情報の記録が消えてからキャッシングを申し込んだほうが無難です。

 

自分の信用情報に問題があるかどうかを確かめたいときは、
信用情報機関に情報の開示請求ができます。

 

開示請求は有料ですが、手数料は1,000円前後です。

 

インターネットや郵便での請求も可能になっているため、
信用情報機関の窓口に行かなくても情報が閲覧できます。
ブラックでも即日融資可能