自己破産をしてもキャッシング出来る所は本当にあるのか

自己破産を行うと破産免責決定を受けてから
最低5年間は新たにキャッシング申し込みしても審査落ちしてしまいます。

 

なぜなら、自己破産を行ったことが
正規の金融機関が加盟する個人信用情報機関へ登録されているので、
新たなキャッシング審査を行う際に自己破産を行った事実が分かってしまうからです。

 

このため、銀行や消費者金融へキャッシング申し込みを行っても、
審査落ちがしばらく続くことになるのでキャッシング出来る所はもうないと考えてしまいます。

 

しかし、自己破産を行った人に対して融資を行ってはならないという法律は無いので、
安定収入があり生活再建が行えているならば申込先を変えてみる方法が有効です。

 

 

自己破産を行った事実は、
消費者金融が加盟するJICCや信販会社が加盟するCICへ
破産免責決定から5年間異動情報欄に掲載されます。

 

中小消費者金融の中には自己破産の破産免責決定から5年経過していなくても、
現在の収入が安定していれば
個別に融資額と返済計画を調整することによりキャッシング可能です。

 

なぜなら、大手消費者金融では利用限度額を設定して
何度でも借り入れと返済を行える融資方法が一般的ですが、
中小消費者金融ではより細かく返済能力を審査する
証書貸付というキャッシング方法が採用されているからです。

 

借り入れを行うごとに返済能力を審査し、
計画的に返済を行うことで少額の融資から段階的に行います。

 

 

一方、中小消費者金融では
自己破産を行ってからの年数が浅くキャッシング審査に通る場合があるとしても、
貸金業法で定められた総量規制に従わなければなりません。

 

年収の1/3を越える貸付を行えないことになっているので、
キャッシング審査に申し込みする金額をしっかり計算する必要があります。

 

全ての貸金業者からの借入総額が年収の1/3を越えない範囲内に限り、
自己破産を行っていても返済能力があると
個別に判断されればキャッシング可能な金融業者はあります。

 

そして、返済能力と返済計画の両方があることを個別に判断してもらうためには、審査の甘い中小消費者金融
でキャッシング申し込みを行ってみるとよいでしょう。