返済できずに自己破産しても消費者金融のキャッシングは利用できる?

返済できずに自己破産しても消費者金融のキャッシングは利用できる?

お金は借りたけれど、借金を債権者に返済できないというケースは珍しくありません。
借金にも一部例外を除いて時効が存在しますが、
基本的には債権者からの督促状のもと、
どうしても返済できない場合は債務整理をする必要があります。

 

債務整理にはいくつか種類があり、
大きな借金を全額免除する債務整理が自己破産です。

 

家や車など借金の返済に充てられそうなものを全て差し押さえられるため、
生活を失う手続きともいえます。

 

自己破産をすると多くの方は借金を控えるのですが、
中にはまだ借金したいという方もいます。

 

 

ここで気になるのが、過去に自己破産を経験していてもお金を借りられるのかという点です。結論からいえば、銀行などの金融機関からはお金を借りることはできません。
お金の借り入れどころか、銀行のローン審査すら通過することができなくなります。

 

しかし、インターネット上では「消費者金融なら、
自己破産した後も審査が通る」という内容を掲載しているサイトも存在します。

 

消費者金融は確かに一般の銀行などよりも審査基準が甘いことも多く、
軽い債務整理をした程度あればカードローンのキャッシングを利用することも
不可能ではありません。

 

ただし、それは軽い債務整理に限った話で、
自己破産を経験した債務者では厳しいでしょう。

 

 

債務整理の中でも自己破産を経験してしまうと、
信用情報機関が管理しているブラックリストに登録されてしまいます。

 

金融機関はクレジットカードなどの審査において、
必ずこのブラックリストを参照し、合否を判定します。

 

ブラックリストに登録されると、何をしても金融機関の審査に通ることはありません。
通常、ブラックリストに自分が入っているかどうかを知る術はないですが、
過去に自己破産をしたことがあれば、ほぼ確実にブラックリストに登録されています。

 

そのため、返済できない人と見なされてしまい、
キャッシングどころかカードの発行すらできません。

 

程度にも寄りますが、10年以上登録され続けることはないので、
解除されるまでお金の借り入れは我慢するようにしましょう。